こんな会話はNG!キャバ嬢がやってはいけない会話集

  • 花梨 

キャバ嬢がやってはいけないNG会話

売れるための接客テクニックを考えると、どうしても“やるべきこと”を思い浮かべてしまいますよね。それも大事ですけど、“やってはいけないこと”も、人気キャバ嬢になるための接客テクとして頭の中に入れておく必要があります!

多くのキャバ嬢が意識できていないことなので、意識すれば他の女の子に差をつけることができるかもしれません。

①自分の話をダラダラ長く話してしまう

ほとんどのお客さんは、キャバクラ嬢に話を聞いてもらいたくてお店に来ています。自慢話や愚痴や好きなものの話を可愛い女の子に聞いてもらうことで、男の人は心を満たしているんです。

それなのにキャバ嬢が自分の話をいつまでも永遠にダラダラと話してしまったら、男の人は「この女と話していても面白くない」と感じて、すぐに離れていってしまうでしょう。そして、もう戻ってはきません。

女の子もお話好きですけど、キャバ嬢というお仕事の役割は男性のお話を聞いてあげることなので、そこを勘違いしないようにしてください。“聞き役”に徹することを忘れずにいましょう!

ダラダラと長く自分の話をしてしまうのもダメですが、何度も同じ話をしてしまうのもNGですよ?

これも男性のお客さんを呆れさせてしまうダメな行為なので気をつけてください。

②デリカシーのない発言・相手の話を否定する

“デリカシーがない”というのは、気配りや配慮、空気を読む能力などがないという意味です。他のお客さんやキャストの悪口、誰かの失敗などを口にする行為は、まさにデリカシーのない発言ですよね×

こういう話題にウキウキする人は、そこまで多くはありません。人の不幸が好きな男の人であっても、女の人の口からそのような内容の話は聞きたくないと思っているものです。

「このキャバ嬢は自分のことも他の人に悪く言ってそうだ」と思われる原因にもなります。男性はそんなキャバ嬢と一緒にいたくはないと感じてしまいますから、結果的に客離れが進むだけ。

デリカシーのない発言は、そんなリスクを持っているので、絶対に口にしないでください!

誰かのことを批判したり悪い意味で笑ったりするのはもちろんNGですけど、話している相手の話を否定するのもNGですよ!悪気がなくてもダメです。

共感できなくても、必ず肯定しましょう。納得できなくても、絶対に否定してはいけません。別に恋人や夫婦じゃないので、共感や納得できなくてもいいんです。そこは割り切ることが大事!

多くの男性は否定をされると、いくらその否定の意見が正しかったとしても受け入れようとはせず、否定した相手のことを嫌いになります。嫌われたら指名してくれなくなって当たり前。自分が損するだけなので、必ず肯定したり受け入れるようにしてください。

③ネガティブな発言が多すぎる

キャバクラ嬢も人間ですから、愚痴を言いたくなったり落ち込むことだってあります。でも本来は、愚痴を言ったり落ち込んでいる男性を慰めたり楽しませることこそがキャバ嬢のお仕事です。

いくら気分が落ち込んでいても、ネガティブな発言をしてはいけません。それを笑いに変えられる自信があるならいいですけど、そこまで計算できないなら、マイナス思考的な発言は控えておきましょう!

  • 「お仕事辞めたい」などの相談
  • 「最悪」という言葉の連発
  • 将来に対する不安
  • お仕事や同僚などに対する不満
  • 容姿や体型などに関する悩み
  • 不幸な身の上話
  • 世の中で起こった不幸な話

こういった話は全部NGです。上手に活用すればお客さんの同情を誘って距離を縮めることができるかもしれませんけど、お客さんは楽しむためにお店に来ているので、基本は笑顔でポジティブな対応をしないといけません。

売れているキャバ嬢を見てください。みんな明るくて楽しそうにお仕事をしてるじゃないですか。悩みなんてなさそうですよね?でも本当に悩みがないわけではなくて、そう見えるように振舞ってるんですよ。

そういうポジティブで明るい女の子から売れていくんです。なぜなら、一緒にいたら楽しくなるから。

お客さんが求めているキャバ嬢は前向きで一緒にいて楽しい女の子だっていうことを常に頭に入れて接客しましょう!