キャバ嬢初心者必見!キャバ嬢の主な営業方法4つ

  • 花梨 

キャバ嬢の主な営業方法4つ

接客テクニックの一つとして覚えておきたいのが、いくつかの営業方法です。実際にお店で男性と接する方法のことなんですけど、これによって成績や売り上げが変わってくるんですよ!

売り上げの大きなキャバクラ嬢が利用している4つの営業方法をお教えするので、あなた自身のキャラクターやお客さんのタイプなどに合わせて選んでみましょう!

色恋営業

最初にお話しする『色恋営業』は、キャバ嬢とお客さんが恋人のような関係で接する方法のことです。

あくまでも“恋人のような関係”であって、本当に恋人になるわけではありません。なので、体の関係を持つ必要はありませんよ。

色恋営業は、言い換えると疑似的な恋愛関係を作るってことですね。

お客さんはキャバ嬢に対して恋心を持ってしまうことも少なくないんですけど、それを最大限利用して売り上げや指名に繋げようとする営業方法がこれです。

色恋営業のメリットは、お客さんの来店回数や落としてくれる金額が増えること。多少のワガママを言ったとしても、彼氏のようにそれを受け入れてくれるところもメリットです!

デメリットは、好きでもない男の人との疑似恋愛を貫かないといけなくなるところですね。お客さんによっては、「いつ結婚してくれるの」、「お店辞めてよ」などと言ってくることもあります。

「本当に付き合うことはできない」と勘付かれてしまうとお店に来なくなる可能性も高いので、色恋営業ばかりだと急にパタッと売り上げが落ちることもあるので注意しておきましょう!

友達営業

次に紹介する『友達営業』は、そのネーミングの通りで、キャバ嬢とお客さんが友達のような関係で接するスタイルのことです。

男性のみんながみんなキャバクラ嬢と付き合いたいとかエッチしたいと思ってるわけではありません。普通の飲み友達のような感覚で接したいと考える男の人もいて、そういう人とは友達営業で十分なことが多いですね!

接客していてとにかく楽しいのが友達営業のメリット。色恋営業のように気を使ったり恋人のような振る舞いを無理してやらなくてもいいので、キャバ嬢にとってはストレスがたまりにくいでしょう。

ルックスに自信がなくても、キャラクターの良さのみでできるのもこの営業スタイルのメリットですね。友達感覚で接客すると長く指名してくれる男の人が増えるので、安定した売り上げが期待できるという面もあります☆

でも、1度の来店で落としてくれるお金の額は、色恋営業などと比べると少なめです。あくまでも友達のような関係なので、指名料とドリンクと、入れてくれたとしても安いボトル1本とか、その程度になることも多いです。

そもそもお店に来てくれる回数も多くはないし、豪華なプレゼントなどもあんまり期待はできないかも。

オラオラ営業

男性のお客さんに対してオラオラとした態度や、ちょっと生意気な物言い、ワガママなどで主導権を握る方法を『オラオラ営業』と呼んでいます。

これはできるキャバ嬢とできないキャバ嬢に極端に分かれるんですけど、もしお客さんがそれを受け入れてくれそうなタイプであれば、試してみてもいいかもしれません。

オラオラ営業のメリットは、お客さんに自分の言うことを聞かせられることですね!好き勝手言えることが多いので、ストレスもあまりたまりません。自分を無理に飾って可愛い女の子に見せる必要がないところもメリットの一つです。

デメリットは、どんなお客さんにも使える方法ではないところ。基本的にMの男性に限定されます。ちょっと可愛げのあるワガママや生意気な態度だったらM気質が激しくない男性にも使えることがありますけど、女の子のオラオラ系の態度が苦手な男性にやってしまうと逆効果なので気をつけましょう!

1人の男性にはオラオラ営業をして、違う男性には別のスタイルで接客したりしていると、たまに混乱することがあります。接客スタイルを間違ってしまうと最悪ですし、同時に来店されるとテーブルごとにキャラを変えているところを見られて面倒なことになる可能性も出てくるでしょう。

枕営業

お客さんとエッチな行為をして指名本数などを稼ぐのが『枕営業』です。さすがに知ってますよね?

メリットは、ほぼ確実に指名が取れて、それなりの売り上げも期待できる点です。ルックスがそこまで良くなかったり、トークがあまりうまくなかったとしても、エッチさえすればお客さんをGETできてしまうという手軽さは確かにあるのかもしれません。

その反面、病気をうつされてしまったり妊娠してしまうリスクは必ずあります。当然ですが、避妊は絶対にしないといけませんよ。

指名本数や売り上げを上げるためにはエッチをしなければならないという悪循環にも陥ってしまいます。逆に、エッチをしないとお客さんが来てくれなくなってしまうわけです…。これではキャバ嬢としてのテクニックをUPさせることができません。

もしお店のスタッフや他のキャストにバレると、白い目で見られることにもなるでしょう。その後のお仕事がやりづらくなってしまうというデメリットもあります。

売り上げが伸びないと枕営業のような簡単な方法に走りがち。でも、ちゃんと後のことも考えて選択しないといけません。

一時的なお小遣い稼ぎではなく、本気で人気キャバ嬢やNo.1キャバ嬢を目指すなら、枕営業は控えておくことをおすすめします。