【現役キャバ嬢直伝】お客さんを逃さない営業メール・LINEのコツ

  • 花梨 

キャバ嬢が送る営業メール(LINE)のコツ

営業メールは、ちゃんと送っていますか?LINEを使うケースも多いですけど、どちらにしてもお客さんへの営業メッセージはちゃんと送らないとダメですよー!

営業メールやLINEは、お客さんを逃さないための大切な武器です。でも、ただ送ればいいわけでもありません。

効果的な営業メール&LINEのコツをちゃんと知っておきましょう!

①お店に来てくれたお礼メールは即送る

なぜ営業メールやLINEを送るか考えたことはありますか?答えはカンタン。お客さんの頭の中に自分という存在を根付かせるためです。

人はすぐに忘れる生き物ですからね。どれだけ印象づけられるかで、次の来店や指名のタイミングが決まると言ってもおかしくはないんです。もし印象づけに失敗してしまうと、二度とお店には来てくれないかもしれませんよ!

お店に来てくれたお客さんには、すぐにお礼のメッセージを送ってください。

これだけでも、「ちゃんとした子なんだな」、「うれしいな」、「マメで気がきく女の子なんだな」と思ってもらえます。この印象が「また会いたいな」、「近くに寄ったら会いに行ってみよう」という気持ちにさせるわけです♪

キャバクラに遊びに来る男の人って、お仕事をしている人がほとんどですよね。ビジネスマンの方は、「返事やお礼はすぐにするもの」という意識を強く持っているので、キャバ嬢からお礼メールがすぐに届けば、「この子なら信頼できる」と思ってくれやすくなるんです!

同じお礼メールでも、すぐに送るのと時間が経ってから送るのとでは効果が全然違います。これは私も実感していることなので、お客さんへのお礼は、できるだけ早く送るように心がけるのがコツですよ☆

②決まった時間・決まった内容のテンプレ化を避ける

メールやLINEをお客さんに送るときには、営業感やメルマガ感、一斉送信感を出してはいけません!これは絶対に守ってください。

営業感やメルマガ感を感じさせないために注意したいのは次のようなポイントです↓

  • 毎回決まった時間に送らない
  • いつも似たような内容で送らない
  • 誰にでも通用するような内容にしない
  • 相手の興味のない内容は避ける

相手に合わせて送る曜日や時間を気にすることは大事です。でも、例えば毎日お昼の12時に必ずメールやLINEが送られてきたら、「タイマーでもセットして送ってるのか?」と思われてしまいます(笑)

どんな男の人に送っても通用するような薄い内容やテンプレ感のあるメールも、何度も送っていれば男の人たちは必ず気づきますよ!

もし気づかれたり不審に思われたら、お客さんからブロックや受信拒否されてしまうかもしれません。そうなれば、もう二度とお店に来てくれないし、指名もしてくれないでしょう。

自然なメールやLINEになるように、気を使ったり工夫することが成功のポイントです!

③お店で話した内容の続きなどをする

営業感やメルマガ感を出さないためには、メールやLINEの内容がとても重要です。できれば、メールなどを送るお客さんと実際にお店で話した内容に触れてください。これはマジで効果ありますよ!!

時間の関係でお話が途中で終わっちゃった経験はありませんか?その続きに関係したことをメールに書き込んでみるとか、お客さんに聞いたことを確認してみるというのもあり☆

飲食店や製品などの情報を教えてもらったのであれば、「早速行ってみましたよ!」、「この前言ってたやつ買っちゃいました!」みたいな内容でもいいですね。

こういう内容でメールやLINEを送ると、「自分のことや話した内容までちゃんと覚えてくれている」とお客さんは必ず思います。そして、かなり喜んでくれます!お返事も返してくれやすくなるので、次の来店や指名にも確実に繋がるんです!

ただ連絡し合える仲になるだけではなくて、好印象を持ってもらうことが重要です。そのためにはメールやLINEの内容に気を使うことが何よりも大切。

たったこれだけのことを意識するだけでもお客さんを逃さずに済んで、売り上げを何倍にもUPさせることができるんですよー♪